お勧めの不安対処法

授業での発表や討議の時に不安や緊張を強く感じたことはありませんか。この大学では、そういう機会が多いので、人前で話すのが苦手と思っている人にとっては、とてもつらい時間だと思います。そんな時にどう対処すればよいか、お勧めの方法をいくつかご紹介しましょう。


◆不安や緊張をなくそうとしない
自信のないことや苦手なことをする時に不安や緊張を覚えるのは、当然のことです。不安は波のようなもので、高くなったり、低くなったりします。ですからその波に逆らわずに力を抜いてプカプカと浮かんでいると、やがて鎮まっていくものです。


◆不安のままに行動してみる

不安は自分の思いのままになりませんが、態度や行動は自分の意思で選ぶことができます。ハラハラ、ドキドキしながらもやるべきことをしていると不安は変わっていきます。不安をなくそうとするよりも、まず行動することで不安を減らしていく方が近道です。

◆呼吸を整える
不安が強いときや発表の前に、意識をおへその辺りに置いて、「ひと~つ、ふた~つ」と息を数えながらゆっくりとした腹式呼吸をしてみて下さい。神経の興奮が治まります。

◆人に聴いてもらう
不安な気持ちを人に聴いてもらうのも良い方法です。自分だけで抱えずに外に出すことで、気持ちが楽になり、不安は受けとめやすくなるものです。不安が強い時は、聴き上手な友達や家族、学生相談室のカウンセラーに話してみてください。