メイン | 2009年05月 »

2009年04月 アーカイブ

2009年04月30日

新型インフルエンザの発生に伴うお知らせ

学生の皆様へ
保護者の皆様へ

2009年4月30日

大阪女学院大学
大阪女学院短期大学
 学長 関根 秀和


新型インフルエンザの発生に伴うお知らせ

 日本時間の4月27日に、世界保健機構(WHO)で専門家による緊急委員会が開催され、その結果を踏まえて公表されたWHO事務局のステートメントで、豚に由来するインフルエンザが、継続的に人から人へ感染する状態になったとして、「フェーズ4」が宣言され、さらに感染が世界規模に拡大したことを受けて、同30日には「フェーズ5」の状態であることが宣言されました。
 この事態を受け日本国内では、4月28日に、厚生労働省がメキシコ、アメリカ、カナダにおいて、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」で規定する「新型インフルエンザ等感染症」が発生したと宣言しました。
 この状況を踏まえて、4月28日に本学院の対策会議が開催され、日本国内では感染者が確認されていない状況ではありますが、当面の注意事項として以下を決定いたしましたのでお知らせします。今後も本件に関する情報や本学からのお知らせに留意いただき、必要な手続きについては、かならず遵守するようお願いします。
 保護者の皆様には、以下の内容についてご理解を賜り、ご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

I. 体調不良の場合

1. 新型インフルエンザに感染した場合、発熱、倦怠感、食欲不振、咳など、通常のインフルエンザと同様の症状が見られます。また、鼻水、咽頭痛、吐気、嘔吐や下痢などの症状が出る場合もあります。このような症状が認められる場合は、直ちに最寄りの保健所に電話で連絡し、指導に従って指定の医療機関で受診してください。
この場合、感染を拡大させないためになるべく公共交通機関を利用せず、自家用車等で移動してください。また、マスクを着用して移動してください。
自宅外通学生で、支援を必要とする場合には、大学事務局にご連絡ください。

平日・昼間: 06-6761-9371   休日・夜間: support2009@wilmina.ac.jp

2. 上記の受診により、新型インフルエンザ等感染症と診断された場合は、法令の定める期間「出席停止」となり、登校することはできません。診断があった場合は、すみやかに大学事務局に連絡し、医師の指示に従って加療に専念してください。
「出席停止」による欠席は、評価資格判定で、本人の不利にならない取り扱いをします。また、加療期間中の学習や提出物等について出来る限りのサポートをします。
「出席停止」期間は、法令で「解熱した後二日を経過するまで。」とされていますが、新型の感染症であり経過を想定できないことから、登校する時期については、大学事務局がご本人、ご家族、医療関係者と連絡を密に取りながら決定します。

II. 海外への渡航について

1.  感染地域が急速に拡大する状況を考慮し、不急の海外渡航は、渡航先を問わず、その渡航の是非について真剣に検討してください。渡航される場合には、十分な回避措置を講じてください。

2.  やむをえず渡航される場合は、①滞在する国・地域と滞在日程、および②帰国予定日を、あらかじめ、大学事務局へご報告ください。

3.  帰国(日本への再入国)された時は、帰国したことをご報告ください。

4-a.  メキシコ及び新型インフルエンザによる死者が発生した地域へ渡航された場合は、帰国した後、その旨及び関係当局の指導があった場合はそのことを含めて、すみやかにご報告ください。
この場合、一定期間、登校をご遠慮いただく場合があります。学校が安全と判断した場合に登校を許可します。外出を避け、自宅で待機してください。

4-b. その他の国・地域に渡航した場合は、帰国後体調に異常の無い限り、登校していただいて結構です。

5.  帰国後、体調の不良や症状が認められた場合は、直ちに最寄りの保健所に電話で連絡し、指導に従って、指定された「感染症指定医療機関等」で受診してください。新型インフルエンザ等への感染と診断された場合には、かならず、大学事務局へご報告ください。

以上の報告事項については、e-mailにより、大学事務局(support2009@wilmina.ac.jp)、にご連絡ください。

III. 今後について

 今後、大阪周辺地域あるいは日本国内で感染者が発生した場合、感染予防のために、一定期間の休業(授業の休講、キャンパスへの立入禁止、学外での学生活動の停止などを含みます)等の措置をおこなう場合があります。
 このような場合には各種情報の告知は、本学ホームページ・Mywillへの掲載、@wilmina.ac.jpのメールアドレスによる一斉配信を通して行います。MywillのIDとパスワードを確認してください。
 一方、皆さんと大学との個別のコミュニケーションはさらに大切になります。住所、連絡先(携帯電話、自宅・下宿先の電話)に変更があった場合は、すみやかに大学事務局で所定の変更手続きをしてください。また所定の手続きができない場合は、かならず下記までご連絡ください。

① e-mail: support2009@wilmina.ac.jp
② e-mailでの連絡が困難な場合は、Fax( 06-6761-9373)または電話(06-6761-9371)をご利用ください

IV. 新型インフルエンザについての情報の入手方法

○厚生労働省 新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
「個人でできる対策」の「個人での備蓄物品の例」などが参考になります

○大阪府 感染症対策情報
http://www.pref.osaka.jp/chiiki/kenkou/kansen/
大阪府下の保健所の連絡先・所在地一覧などが参考になります

○外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html
以下のリンクボタンからの情報が参考になります
「新型インフルエンザへの対応」
「渡航関連情報」→「海外安全ホームページ」
「各国・地域情勢」→「世界の医療事情」

About 2009年04月

2009年04月にブログ「新型インフルエンザへの対応」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2009年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。