« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月31日

What doesn't Kill You Makes You Stronger

My Story for Online Publishment
*ついに出来上がりました!私の記事。。。2回のインタビュー、その後の数々の追加質問、8時間半
図書館にこもった土日、何回もの推敲。。。の末、やっと!明日、ウェブ上に載せます!たくさんの人に
読んでもらえたらいいな*

What doesn’t Kill You Makes You Stronger
by Maiko Nakai

The day started like all ordinary days--uncomfortable bed, bad food, and cold water for the shower. Never did she expect this ordinary day would change her life. When she woke up in Venice, it was sunny and the canals sparkled in the sunlight. She showered first, combed her hair and brushed her teeth. She didn’t wear any makeup and prepared her backpack with a roll of film, a map of Venice, money and her passport. Then she had a small breakfast and by 9:00, she left her hostel. The 17-year-old girl, wearing a simple white shirt and a pair of denim shorts, a daypack and a camera over her neck like a true tourist, stood at a boat bus stop where she met two American guys who asked her to go to Greece with them.

Now, didn’t we all learn the lesson, “don’t go with strangers” when we were in preschool? Apparently, Brandt was absent that day in class. At that time, she wanted to visit Greece but she was scared because she had been warned men there were very bold towards women. This was her chance. At age 17, she learned to live in the moment. One life. One shot. This is the story of her adventure of discovering what she sees beyond the horizon and the lessons she learned from it.

“It was supposed to be a vacation but turned out to be life journey,” says Natalie Brandt. Now 24, Brandt wears a black Adidas sport jacket and black skirt, blue flip flops, and a Chinese jade necklace a stranger gave her. Her delicate hands work neatly, putting up the long blonde hair she just shampooed. Settling herself in the comfortable chair at Starbucks, she begins talking as if it happened yesterday.

In July 1998, during summer break before her senior year in high school, Brandt arrived at Frankfurt Airport in Germany. She ached with getting out of the box she had been in when she was in the U.S. Europe was a place talked about all through grade school and high school that Brandt had always considered it to be a rite of passage. She decided to travel to Europe to see peoples’ lives, the Eiffel Tower, and the Roman Coliseum with her own eyes, instead of relying on textbooks and other peoples’ descriptions. She was a little nervous, but her excitement made her forget all her worries. She partied a week away in Wetzel, Germany. And now, she found herself in Venice, the city of canals.

On the third morning in Italy, a hungover Brandt was waiting for a boat bus with her youth hostel roommate, whom she had befriended the night before over a few bottles of cheap Italian wine. Annotte, a stocky, young Malaysian woman, spoke English without ever closing her lips as if she has a piece of gum in between her jaws. Out of the corner of her eye, Brandt noticed a blonde guy with a patch on his backpack that said “AFS.” (American Field Services is a volunteer organization promoting high school student exchange programs.) She scoffed at the guy and said to Annotte, “See that blond guy over there? He has an AFS patch on his bag. I bet he’s never been abroad and he just has that patch on his bag for looks.”

“Actually, he spent six months in Thailand,” said a young man right next to her who resembled Fabio. Brandt was so embarrassed. She had spoken loudly because she assumed nobody around her spoke English. Brandt tried nicely to cover up her mistake. “Oh, really! That is great. Most people only dream of what he did,” she said. Then, because it was obvious that three of them were from America, the subject quickly changed to where they were from. She had not known that this encounter would turn that moment into the beginning of her life-changing experience.

Tom Richard, 18, was pale with blonde hair and blue eyes, and Fabio-lookalike Derek Richard, no relation, was18. Even though they invited the rude young girl to join them on their travels to Athens, she didn’t want to intrude on Tom and Derek’s high school graduation trip. “Hey, I know you don’t want a girl to travel with you,“ Brandt said. “Oh no, we would want that!” they joked. Then, what came out of her mouth next was “Meet me tonight at six o’clock at the tower on San Marco Square if you still want me to go with you.”

Were they there? –Yes.

The next day, Tom, Derek, and Brandt were on an enormous boat, crossing the Adriatic Sea to Greece. They were drinking some ouzo and snuck down to the pole that marks the front of the boat, where only employees could go. The three decided to mimic the famous scene in “Titanic” where Jack teaches Rose how to “fly” on the bow of the cruise ship. Tom, Derek, and Brandt individually stood at the point and put out their arms up into the wind. They were “flying” above the dark ocean with an unquenchable sense of adventure. They did it because they were not supposed to. “Fucking stupid,” Brandt says, giving a deep sigh, and then takes a sip of her blackberry green tea latte. She now realizes how dangerous it was.

After the three enjoyed drinking red wine, beer, and ouzo in Greece, they went to Rome. They bought three identical paintings of Venice and on the back, each wrote a quote that they felt had been guiding them through their lives. Brandt will never forget them. “May grace be bestowed,” wrote Derek, who had had a relationship with God in his life as a Christian. “We are the sum of our experiences,” wrote Tom, who was a questioner and felt the more he experienced, the wiser he would be. And “What doesn’t kill you makes you stronger,” wrote Natalie Brandt.

Day after day, they were always pushing their limits and laughing so much their sides hurt. “I was capable of surviving outside of my comfort zone,” Brandt says, “You can’t always plan. Things that you can’t control happen. And when they happen, you have to roll with the punches. You’ve got to keep going.”

She remembered when she made an eye contact on a train with an elderly weathered Italian man with thinning, frazzled white hair and tanned skin. A moment later, she felt uncomfortable where his two strong hands embraced her neck. He said “Bellissimo,” which means “beautiful,” and kissed her first on her left cheek and then on her right. Then he held her face for a brief moment and looked deep into her eyes, showing her the biggest smile, and a little laugh that shook his shoulders.

No matter how hard you pray, the moment to say good-bye comes.

Back in the cafe, Brandt reminisces about her friends. “They were heroes. They were remarkable. They were kind of people who opened the door for old women and helped others with their luggage,” Brandt says, “They didn’t judge. They were quiet when in churches, having deep respect for the cultural differences. When I ran out of my money and was waiting for more to be wired to me, they didn’t blink an eye for buying me food or lodging,” she says, “Many of our conversations were filled with how we could be better people and what we could do to make the world we lived in a better place. We dreamed of making a difference, of trying our best, and of not giving up.”

Brandt left her wonderful new friends with whom she’d shared precious times. Their connection didn’t last long, which led Brandt to the last lesson of the trip: Don’t live in your past, no matter how wonderful it is. Move on.

“Now, it almost saddens me because I’ve grown up a bit…I’m no longer the carefree Natalie…Being carefree doesn’t sound as good as being educated anymore.” Brandt lets down her hair, which has dried. “It is the moment. This moment right now that counts!”

投稿者 maiko : 12:56 | トラックバック

2006年05月28日

Abuse of power involved? or Just a personal thing?(*PG13!!)

west_thumbnail.jpg
Spokane Mayor, Jim West

注:PG13にあたる内容が含まれます。お気をつけ下さい。

先週の水曜日、JournalismのクラスにNew York Times記者のBill MorlinとKaren Dorn-Steeleが来ました。
そして、Media Ethics(メディアの倫理)について、話してくれました。
彼らは最近、とても大きな仕事をしました。ワシントン州東部のSpokaneという都市の市長、Jim Westが
複数の男の子や複数の若い男性に、強制性的行為を行ったーーこれを世間に明かしたのが彼らです。
さてこのシアトルに次ぐ大きい都市の市長、ボーイスカウトのリーダーでもあり、有力な保守的政治家でもあったそう。
おもしろいと思ったので、詳しく調べてみました。ゲストのレクチャーと自分で様々なサイトから調べたものを
合わせてお伝えしますが、英語の理解力不足で、事実に矛盾するものがあったら、本当にすみません。

Gay.comーーゲイウェブサイト。そこの18歳のオンラインチャットルームでWestは18歳の男の子
と出会います。さて、この市長、実はanti-gay/lesbianをうたっていました。同性愛に反対の立場をとっていたと
いうことです。彼はこのことに後に触れられると、「男なのかゲイなのか、自分の性がよく分からなかった」
と言ったそうです。それにしても、anti-GaymがGay.comにはまっているとは、何とも皮肉なことですよね。
さてここで問題ーーWestがGay.comにいっていたというのは、市民の知る権利にあたるのでしょうか? 
それともこれは個人の自由であり、世間に知らせることは、プライバシーの侵害にあたるのでしょうか?
市長である彼が市庁舎内のオフィスのパソコンから仕事もせずに、チャットを楽しんでいたというのですからどうでしょう?

Jim West、オンラインスクリーンネイム、"Cobra82nd"。18歳、Spokane High Schoolのsenior、
"Moto-Brock"。何週間かチャットを繰り返した後、Cobra82ndがその男の子に実際に会い、dinnerをしないか
と誘います。そして男の子は同意したのです。Spokaneのお洒落な今時のレストランで夕食をすませた二人、
Moto-Brockによるとその夜は"consensual sex"(合意による性行為)で終わったのです。
さてここでさらなる問題が一つ。18歳と言っていた彼、実は18歳ではなかったらどうでしょう?
他にもWestが自称18歳、実際はunder 18の子たちと性的関係をもっていたらどうでしょう?
legal age(法定年齢)に達していないと、consent(同意)は法律上成り立ちません。よって、Westがする行為は
違法にあたり、普通の合法な性行為ではなく、性的虐待という犯罪と考えられるわけです。

新聞社はMoto-BrockにWestとの会話を全て保存するようにアプローチしました。
2005年11−12月、彼らはまたチャットをしましたが、この時Westはスクリーンネーム名を"RightBi-Guy"と
変えました。

11月、spokesman review紙は”Westが自らの性的施行を隠した同性愛者で、自身の利益の為にオフィスを
使用している”という噂の真相を明らかにするため、PCの専門家を雇ったのです。その専門家は自らを
"Moto-Brock"と名乗り、18歳という点は17歳としました。これはWestが18歳以下の少年と関係を
もっているという証拠を得たかったからです。

2ヶ月以内にRightBi-Guyと偽の"Moto-Brock"はsexについての会話を交わすようになりました。
RightBi-Guyは会話の場所をGay.comからAmerica Online instant messagingに変えようと提案します。
そちらの方が、すぐに会話内容が消えるからです。

それから何ヶ月かに渡り、RightBi-GuyはMoto-Brockにサイン入りのスポーツの記念品や、マリナーズの試合の
特別席のチケットを渡したり、大学入学を助けたり、更にはSpokaneの市長室でのインターンシップのオファーを
したり、Washington D.C.への旅行を約束したりしました。

3月、Moto-Brockは18歳になったとRightBi-Guyに伝えました。
彼らが交わした会話のスクリプトによると、RightBi-Guyは二回、オンラインでマスタベーションをしている
ようだったそうです。しかし、オンラインでsexをしたことは否定しました。

そしてまたもやRightBi-Guyは相手の男の子に会おうとします。
ゴルフに誘ったRightBi-Guyは待ち合わせた時に分かってもらえるようにと、自分の顔写真と、Spokane市の
市長のサイトのリンクをMoto-Brockに送りました。写真は偽のものでなく、本当の彼の写真でした。

RightBi-Guyは待ち合わせ時間に現れ、Moto-Brockを待ったのです。

紙はMoto-Brockにチャットをやめるように告げました。その後もRightBi-Guyは2度E-mailを送りました。
最後のメッセージは4月28日、市長室からでした。タイトルには"internship"と書かれており、内容は
"sill interested?" インターンシップで18歳男の子をつろうとしていた市長、連絡が途絶えたのにあせったのか、
まだ興味はあるか?と話を持ち出したのです。あるなら、連絡してこいということですよね。

さて、その後の調べで1970−80年代にもWestがネット上で若い男の子をひっかけていたことが判明しました。
Robert J. Galliherが1970年代中頃、まだ彼が小さかった時、Jim Westから性的虐待を受けたと告発。
続いてMichael G. Grant Jr. も同じ時期にボーイスカウトのキャンプでWestから性的虐待を受けたと告訴しました。

新聞社にまんまとひっかけられたWest。共和党の現職市長が同性愛にからんだ私生活ぶりを地元メディアに
暴露され、任期半ばで職を追われる羽目になりました。住民投票によるリコール請求が成立する見通しとなった
為です。

長年、表向きは同性愛者に批判的な態度を取ってきた市長であったが、その裏では、庁舎内のパソコンを
使い、チャットルームで若い同性愛の相手を物色するなど、仮面をかぶった生活を続けていた、という事実が
メディアによって明らかにされたという、今回の事件、みなさんはおとりを使ったこのメディアの報道、
どう思いますか? 感謝の声と同時に、ひどいという声も多数あるようです。Westが市長であった為に浮き彫りに
されたといっても過言ではないと思います。高い給与や、その他のおいしい待遇が与えられるのと同時に、
市民に多くの影響を与える職につくということは、それなりの責任が伴い、認められるはずの権利が
受け入れられなかったり、自由に制限がうまれることを自覚し、それなりの行動をして欲しいと私は思いました。
ジャーナリストを目指す私は、今回の報道にも賛成です。
どこでwatchdogの役目を果たすジャーナリストと、道徳倫理をもった一人の人としての一線を引くのか、
とても難しい点だと思います。

RightBi-Guyと偽Moto-Brockの会話に興味がある方は、下記のリンクにアクセスして下さい。
Spokesmanreview(スポークスマン紙)記者のBill Morlinが書いた記事の中に含まれています。
Westは"JMSElton"というスクリーンネームも使っていたようです。

http://www.spokesmanreview.com/jimwest/story.asp?ID=050505_online_relationships

投稿者 maiko : 00:15 | トラックバック

2006年05月24日

偶然の出会いから

偶然は必然??

本当におもしろい話なので、お伝えします**

ある日、こんなコメントが私のブログに。。。

【去年からですが、今自分もアメリカの大学へ留学しています。ほんとにたまたまこのサイトに遭遇したんですが、今授業についていくだけでもヒーヒー言っている自分なので、まいこさんのブログを観て、同じ留学生でも高い目標をもってどんどん挑戦している人がいるんだと思うとすごいなんか自分も頑張らないと!肝っ玉のちっちゃい人間になったらあかん!って思いました。通りすがりの物ですが、なんかすごく刺激を受けました。これからときどきブログを拝見させていただこうと思います。(~0~)

これからもがんばってください♪】

これを読んだ私は、彼のメールアドレスにコメントありがとうっていうメールをしました。
何回かメールのやり取りが続き、自己紹介しました。
ある日、こんなメールが。。。

【箕面高校だったんですか?自分もです!
先輩ですかねw僕はたしか38期です☆

まいこさんのブログを呼んでいると、自信家といってもそれがすべていい方向に働いていると思います。たしかにアメリカでは自分をもっていないとすぐに流されてしまうのを感じるのですごい大事だと思います☆】

私の頭の中で、敬語を使ってもらっている=年下となり、てっきりまさしは年下だと思っていました。
しかも二歳年下。なぜなら、間違って私は36期だと思っていたから!!!!とんだ勘違い!!!!!!
共通の友達がいたり、先生の話が合ったりして、何か変だな〜と思いつつ。。。
分かったのは、アメフトの話をしている時。彼が高校時代はアメフトばっかやってたって言うので、
私が仲の良かった6人グループのうちの一人がアメフトの大ファンで毎回試合など応援しに行ってたから
彼女知ってない?誰と付き合ってたかは知らんねんけど。。。と軽く聞いてみたんです。
そうしたら、何と。。。!!!!!!!

【知ってる?知ってるどころか、それ俺の元彼女やし!!!】

みたいなことになって。。。笑いが止まりませんでした。
他にもびっくりすることが重なって。。。

ある日電話で話した時だったかなあ。
実は私は38期卒みたい。。。ということに気付いたんです笑=おない?????
そこから敬語なんて一生あらわれなくなりました笑 

【なんやねん!同期かい!】
となって、それからは、朝の4時近くまで大爆笑のオンパレード☆
二人で漫才しているみたいでした。さすが大阪人!!

それからもずっとメールやメッセ、スカイプなどでどんどんお互いのことを知りました。
ペーパーを読みあったり、あ、彼が私のブログの写真小さくするのを手伝ってくれたりしたんです!!
これには本当に感謝。ずっと載せたくても、ソフトがこのパソコンで開かなくて、できなかったから。

そして。。カリフォルニアで大学に行っていた彼、もうすぐネブラスカに編入するとのこと。
その前にオレゴン寄ってってよ〜会おうよ〜という私の誘いから、本当に3日間オレゴンに
来てくれることになりました!

昨日の朝4時、ネブラスカでの新しい留学生活に対する期待を胸に、まさしはここEugeneから飛び立ちました。
彼との3日間は次のエントリーでお伝えします。

う〜ん、また敬語使ってくれないかなあ〜^0^

投稿者 maiko : 23:27 | コメント (1) | トラックバック

2006年05月19日

受かっちゃった。。。

どっからくんねん、この自信!

寮のオフィスみたいなArea Deskというところで働くArea Desk Assistant、第二次の面接も通過して
しまいました。友達何人かにいつもの冗談半分のノリで、「私、落ちないと思う」とか、大胆な宣言を
していていて、「なんやねん、それ!笑」「どっからくんねん、その自信!w」「さすがまいこやなあ」と
言われていたのですが、本当に受かってしまったみたいです。
嬉しいのですが、日本には帰っても2週間だし、今やっている仕事先のちっさい子たちと
せっかくどんどん近くなっていたのに、別れるのは辛いし、複雑な気持ちです。><
誰か、体をもう一つ下さい!!!!

あと、Work Studyという奨学金の一部のやつも、去年に引き続き、また最高額のがとれました。
これは、手放しで喜べて、嬉しいです☆

何か、何でも上手く今までいっているだけに、次何か失敗したり、とても落ち込む結果を得たりしたら、
私、どうなるんだろう。。。と思います。すごくへこみそう。。。
ま、そんなことがなければいいので、頑張ろっと☆

投稿者 maiko : 13:14 | コメント (2) | トラックバック

留学

留学を目指す方に参考になるかと思います。そうでない方も、是非お読みください。

☆留学を決めた動機☆

小さい時からずっと留学をしたいという想いがあった。大阪女学院短期大学在学中、進路を考えるにあたり、勉強続けたら、もっと自分は伸びると思ったので、就職しておちつきたくなかった。かといって、大阪女学院大学以外の日本の大学に編入は考えられなかった。が、もう親からお金は出ない為、金銭的な問題ですぐに留学と決めることができなかった。その為、2年生まではずっと留学、編入、就職の3つ全てのセミナーに出ていた。2年生が始まる直前、祖父に電話をし、私のお金がなくなったら貸して欲しい、働いて少しずつ返すからとお願いしたところ、快く引き受けてくれた。そしてやっと留学と決心し、セミナーも一つにしぼり、大学探しなど始めた。もうひとつ、大きかった要因は、勉強したい分野。私はTheatreかJournalismをメジャーにしたかった。悩みに悩んだ。が、いずれにせよ、日本でその分野を勉強する環境は整っていないと感じる。だから、optionが多く、またそれぞれある程度充実しているアメリカに留学がしたかった。(最近、Chineseをminorにすることにした。)


☆留学先の大学名と留学の期間☆。

University of Oregon(オレゴン大学; 略式はUofO、またはUO) の、私はジャーナリズム専攻の為、School of Journalism and Communication に所属。
期間ははっきり分からないが、毎夏休み、Summer coursesをとると、あと二年ほど。なので、
2005年9月ー2008年8月の見込み。


☆ジャーナリズムを学ぼうと思ったきっかけ☆

2003年の3月にインドネシア人の友達、Nares(箕面高校2年次に1年留学生として私のクラスで勉強をしていた子。とても仲良くなった。)に再会しに、一人でインドネシアの首都、ジャカルタに向かった。彼女の家に2週間滞在したのだが、その間にイラク戦争が起こった。テレビで報道ニュースを見る度に、あれ?っと思った。アメリカとイラク、またはインドネシアのメディアの言っていることが違うということに、とても疑問を感じた。一つの事実に対し、なぜ複数のことが伝えられているのか。メディアは社会に大きな影響を及ぼす。私達は新聞やテレビが言う事は正しいと、信じてしまう傾向がある。よって、メディアは事実を適切なかたちで伝える必要があり、自分達の言動に対して、責任をもたなければいけない。メディアの社会における働きって何なんだ。。。
私の中に起こったこのような疑問から、メディアに対し、より興味をもつようになった。とても最近のことである。それから、Topic Studies Ⅲという二年次のクラスでは、この写真が大きな原因となり自殺にふみきったと言われている、Kevin Carterというフォトジャーナリストが撮影した、あの有名な“スーダンの少女”や“はげたかと少女”などで知られるアフリカ、スーダンで飢え死にしそうな少女をはげたかが後ろで狙っているという写真が巻き起こした論争について書いた。このことでメディアの倫理について、とても興味をもった。また、女学院で唯一あったメディア関係の授業をとった。また、女学院時代に大学のプログラムなどでよく私を扱って下さったrakushokanのジャーナリスト、丸山さんとの関わりや、高校生にあてた大学雑誌の為に私にインタビューをし、その後、editingをさせて下さるだけではなく、私の書いたものをそのまま掲載して下さるというリクルートさんに与えられた経験なども影響したと思う。大学入学前の春休みから始めた朝日新聞社のバイトの影響も大きかった。春夏甲子園高校野球をメインに、選挙やバレーボール大会なども、記者さん達のサポートのバイトを渡米する8月までした。地域報道部や社会部、スポーツ部などの人達と働いたが、とても良い経験になった。本社の中で、はりつめた空気を感じながら、常に時間と正確さとたたかっている人達。それを目の当たりにするだけでなく、その一部になれたということは大きかった。間違ってはいけない、てきぱき行動しなければいけない、というプレッシャーや責任は大きかったが、できあがった紙面を見た時は嬉しかった。本社で働く新聞記者さん達や一緒に頑張ったバイトの友達だけでなく、全国各地からの朝日新聞記者さんや、毎日新聞の方と仲良くなれたことも大きな楽しみだった。このように、様々な要因がジャーナリズムを勉強したいという思いにつながった。また、私の性格、大勢の人前でプレゼンテーションやスピーチ、演技などをするのが得意、目立つのが好き、さらに、出会いが好き、人が大好きというのが加わったと思う。オレゴン大学のジャーナリズムはかなり有名で、充実したプログラムを、第一線で活躍してきた、また今も尚、している教授達と学ぶことができ、私の判断は正しかったと感じる。(余談:最近、留学ジャーナルという雑誌の取材を3時間受けました。9月発行。是非、ご覧になって下さい。)


☆留学先の学びのなかで、印象に残っているもの☆

一つ選ぶのは難しいですが、現在私が取り組んでいる雑誌記事は必ず一生の想い出となるこ。Writing for the Mediaという授業をとっている。これは、magazine, newspaper, TV, Public Relationなど、それぞれのメディアムに合ったwriting styleを学ぶコース。新聞記事を書いたり、TV scriptを書いて、実際のテレビ局のスタジオみたいなセットの教室でアナウンサーになり、カメラの前で自分の書いてきた原稿を読み、それがいくつもあるテレビに映るなど、とても貴重な経験をしてきた。一つペーパーや宿題でグラマーミスやその他のミスをすると、その課題は“F”という、厳しいクラスでもある。そのクラスで学期始めからずっと取り組んでいるのは、online magazineに載せるprofile。テーマはDefining moments。何かその人の人生を変えた出来事や、人生に対する見方が変わった経験について書くというもの。私はChineseのクラスが一緒のNatalie Brandtにインタビューをした。気がつくと8時間以上経過していたなど、夢中になって書いている。インタビューをするのも、女学院や、こちらに来てからもやっていた、いわゆる“ペーパー”というのではない、feature storyを書くのも初めてなので、難しいが、本当に楽しい。とても協力をしてくれたNatalieに感謝の気持ちを示すためにも、素晴らしい記事に仕上げたいと思う。一生、ウェブ上に残るという点も嬉しい。出来上がったら、女学院に依頼され、つづけている、私の大学生活を綴ったブログにも載せるので、できるだけ多くの人に読んでもらいたい。とてもいいストーリーだから。


☆留学中の体験で、日本との違いを感じたこと☆

アメリカに来るのは初めてではなかったし、日本にいても、ネイティブの先生やその他の機会を通じてアメリカ人と日本人の違いなど理解していた為、カルチャーショックなどは一切なかった。が、一つ驚いた点は、キャンパスでたばこを吸う学生がものすごく多いこと。日本では、それほどキャンパスで喫煙をしている学生を見ることは少ないのではないだろうか。少なくとも、女学院は喫煙コーナーで何人か見かけるくらいだった。こちらは、大胆にみんな吸っている。あとは、これはよく言われることだが、ドラッグ。来た当初、友達のアパートに遊びに行った時に、ベッドの上に袋があった。その友達が吸い出した時は、とてもびっくりでもあり、ショックだった。とにかく、臭い。たばこの臭いも駄目な私。あの、説明の仕様がない臭いで気分が悪くなった。彼がむせた時は「大丈夫?!?水いる?!」とあせった。そうなるのが、普通と知らなかったから。後はやはり、こちらの学生は積極的な子が多いし、勉強もよくすると思う。また、社会問題に対しても敏感で、移民の問題や中絶、ゲイ/レズ、diversityなどキャンパス内でプロテストが日々なされている。デモ行進も。キャンパスを歩いていた時、授業をまる一日ストライキし、座り込みをしようと呼びかけるビラを渡された時にはびっくりした。私はアメリカ人のこういうところが好きです。自分達の信じることに対し、何か行動を起こす。こういうところが、日本の学生と大きく違う点だと感じます。


☆大阪女学院の学びが、留学で役立っていると実感したこと☆

簡単に言って、忙しさ、しんどさに慣れているという点がまず一つ。遊ぶ時間がないのが当たり前の生活を今までも送ってきたので、こっちに来ても平気だった。来る前は色んな人から留学当初は宿題を毎日徹夜しても終わらない。寝れない。女学院の10倍しんどい。リーディングが大量にある。など聞いていたので、“え〜夜弱いのに、嫌やな〜”(←これもおかしな点なのですが。。。笑)と不安だったが、全然そんなことはない。あれ?っと拍子抜けした。大変だけれど、女学院とさほど変わりはないというか、聞いていたのとは違った。寝れないということも、今までなかったと思うし、先学期は本当に忙しく、死ぬかと思ったけれど、生きてるし。。。なんやかんや言って、いつも上手く切り抜けている。この、忙しい生活にすっと入れたのも女学院のおかげだ。また、私は女学院で“自分で学ぶ力”を学び、“自分で切り抜く力”を身につけたと思う。それがここでの生活に役立っている。先生達の役目は、学ぶきっかけを与えることだ。そこから、もっと知りたいと調べたり、そこから枝をさまざま方向に伸ばし、関係する事柄から自分が最も興味のあるものを見つけるのも、私たち、学生次第。例えば、女学院では一年次に4つのコアを学ぶ。その一つ、科学と宗教を取り扱っていた際、Core Studies Ⅱで私達は発展した医療科学について触れた。そこからわいた私の興味は脳死。私のCore Studies Ⅰのペーパーのトピックは脳死、尊厳死/安楽死の是非について問うものとなった。また、Core Studies Ⅲでは、もっと深く知りたいと思った私がいるグループのプレゼンテーション内容は脳死だった。このように、科学と宗教なんて全く興味のない私だったが、ちょっとしたきっかけ、一つのパッセージにより、私はそこから自分の興味を見いだした。“自分で学ぶ力”、とても大切だと思う。“自分で切り抜く力”も留学では特に必要だ。言語にハンデがある私達は何をするのも、こちらの子より時間がかかる。全てのことをこなし、いい結果をおさめるには、この力は必要不可欠。どうしたら上手く終えられるかと考え、それで得たものを信じて自分で頑張る力も必要だし、先生や友達を上手くつかうことも必要。それができるのも力だと私は思う。助けてもらうには普段からそのような関係を作っておくことが大切なのだから、努力がここでもやはり必要となる。自分に利益をもたらしてくれる人は誰なのかを見抜き、その人と近くなること。これが、私の成功する秘訣。この二つの“力”は厳しい女学院生活で養ったと思う。


☆海外の人たちとの交流で、うれしかったこと、また辛かったこと☆

海外の人達との交流で辛かったことは一切ない。嬉しかったこと/嬉しいことは、アメリカでも日本にいた時と全く変わらない私でいられること。そして、みんなにそれを受け入れてもらっていることである。基本的にいつもHappyな私はこちらのクラスでもふざけて笑いをとったり、積極的すぎるくらい積極的でいたり、アホなことばっかりしている。しかし、みんなはもうそれが、”Maiko”だと思ってくれていて、何をしても、変なことを言っても、間違っても、笑ってくれる。むしろ、Maikoは何かしてくれると期待しているらしい。。。笑 “You’re funny.” “You’re weird.” と言われるのは、日常茶飯事だが、それは私にとってはcompliment。みんなもそのつもりで言ってくれている。何百人の友達に囲まれて、先生、仕事先(Children’s Care Centerで働いています。私の担当は1、2歳の子の教室)のスタッフ、子供、赤ちゃん、みんなに愛されて、とても幸せ。


☆これから留学を目指す人へのアドバイス☆

“これを勉強したい” “この先生から学びたい” “自分のここを変えたい” “これをして帰って来たい”など、留学でしか達成できないんだという、しっかりとした目標と意志がある人は、必ず成功すると思います。時期が来た時に最高のコンディションで最大の力を発揮できるように、今はそれに向かってできること(大学選び、バイトなど)をできる限りして下さい。近い将来、皆さんも私のように、異なった環境の中で貴重な体験や学びができること、また、たくさんの出会いに感謝できることを祈っています。

投稿者 maiko : 00:54 | トラックバック

2006年05月17日

Jog for Parkinson's

先週末、パーキンソン病のチャリティーで4.8キロを歩きました。
パーキンソン病のことについて、知って下さい。私がもらった紙に書いてあったことを少しシェアします。

What is Parkinson's?

*A degenerative brain disorder affecting movement
*Symptoms caused by the deficiency of a chemical in the brain called dopamine; the cause is unknown
*Not fatal, but progressive and incurable; with time, severely affects quality of life

Symptoms

*Freezing, stiffness, shaking or tremors
*Impairment is almost entirely physical with little impairment to the intellect
in even the most severe cases
*Stress intensifies symptoms and counteracts medicinal benefits

Parkinson's Facts

*About 1.5 million people in the US live with Parkinson's, with more than 60.000 new cases diagnosed
every year
*The economic impact of Parkinson's is significant, with drug therapy in the US alone costing in excess of $6 billion a year
*While the average age of diagnosis is 55, 15% are afflicted before age 40
*Parkinson's is the next most common neurodegenerative disease after Alzheimer's

For more information, please visit: http://www.givingback.org/cpp/cpphome.htm

投稿者 maiko : 15:32 | トラックバック

アパート見つかりました★

寮生活もあと少し

昨夜、自分にびっくりしてしまいました。
土曜日、あるアパートの部屋を見せてもらうアポをマネージャーととっていたのですが、すっかり忘れていたことに
気付いたんです。忘れかけて、急いでするなどの経験はあるけれど、完全に予定を忘れたことは初めて。
しかも、2日間気付かなかったなんて。運良く、マネージャーの携帯番号をもっていたので、電話。
今日、もう一度アポイントを取りました。

キャンパスから近く、1 Bedroom。家具もついていて、キッチンもトイレも自分のがついています。
カーペットもしてあって、きれいでした。キャンパスから近く、これだけ整っているところで$450というのは
安いです。最初は$400以下で探していたのですが、現実はそうあまくなく、安いところは、汚いか
キッチンやトイレが他の人達とシェアかです。そんなところでさえ、1 Bedroomで$500以下のところは
ほとんどどこもいっぱい。long waiting list。何度かキャンパスの近くをStephと歩いて、外からですが、
たくさん見ました。その時に自分でとっていたメモのところに全部電話し、いくつか質問、own kitchen,
bathroomなどの条件に合うところだけにしぼり、部屋を見せてもらうアポイントをとり、いくつか見ましたが、
どこもmessy、常に自分の部屋をきれいに保っている私、あんな所、とてもじゃないけど、住めません。
まあ、見せてもらった部屋の人が汚すぎるだけっていうのも、有り得るのですが。
周りの友達もみんな決まってきていて、とてもあせっていたし、finalの前に探しに行ったりしたくなかったので、
思ったよりも早く気に入ったところが見つかって、とても安心しています。
マネージャーすごくいい人だし、何かワクワクしてきました。寮も一人部屋なら、便利だし、きれいだし、
いいのですが。色んな経験をしたいので、初めての一人暮し、楽しみです。
といっても、まだ部屋をゲットしたわけでもありません。いっぱいになる前に早くアプリケーションを出さないと。
みんな、遊びに来てね〜☆☆ アパート探しもいい体験でした。大変だったけれど^_^

投稿者 maiko : 13:38 | コメント (2) | トラックバック

2006年05月16日

Who is this silly girl????

83.jpg
Maiko: "I was so nervous." Friends: "Are you really? Then, what's this about?"

すみません、アホで。w もうこれはどうにもならないので、あきらめて下さい。
先週の金曜日の宿題は、TV Scriptを書いてくることでした。
地震についてのfactがたくさん書いたプリントをもらって、それを情報源に、45秒のニュースを書いてこい
というもの。45秒と言うと、100単語ほどです。さて、どの点を話に盛り込むかと考えるところから、スタート。
それから、選び抜いた事柄を、今度はどう並べるか。どの話を初めにもってくるか、何をあとにするか、など
とても難しかったです。このWriting for the Mediaのクラスでは、Newspaper, Magazine, TV, Advertisement,
PR, とそれぞれのメディアにあった書き方を学んでいます。例えば、Magazineはとにかく詳しく"show don't tell"
ということでしたが、今回のTVは、MagazineやNewspaperなど他のメディアとは違って、"writing for the ears."
読者が目で追い、理解しようと努力してくれたり、繰り返し読む事ができるMagazineやNewspaperとは違い、
TVはぶっつけ勝負。聞き逃されてしまったら、おしまい。なので、耳に聞こえがよく、印象に残るように書けと
いうことです。書いた後、何度も読んで、耳を頼りに訂正を加えました。
scriptは二回ほど読んだら、短いので全て暗記することが、でき、いどんだ一時間目。
通常とは違う教室。そこは、本物のTV stationといった感じでした。キャスターの席に座り、マイクをつけ、
目の前にある大きなカメラをできるだけ見るようにして、(女学院のコア3で練習した、"Read and Look up"だね!)
それぞれ自分が書いてきたscriptを読みました。前方斜め上には4、5台のテレビ。自分の姿が映しだされているって
何か変な感じでした。他のみんなは横の部屋で、何台もあるテレビを通してNewsを見ました。
周辺の教室のテレビにも流れたので、他の授業を受けている生徒もみんな楽しんでいました。はずかしい!
アメリカに来て、ジャーナリズムを専攻。こういう実体験ができる授業とか、本当におもしろいなと思います。
私は他と比べ物にならないほど大変ですが、ジャーナリズムのクラス、とても楽しいし、先生も実際にメディアの
世界で活躍してきた人達、また今もずっと活躍している人達で、そんな人の授業を受けれたり、
友達みたいに仲良くなれるということが、とても嬉しいです。
専攻している学生も、やはり目立ちたがり屋であったり、派手であったり、にぎやかだったりなので、おもしろいです。
まあ、そのうちの目立ちたがりというか、何でもしたがりというのが、私。ニュース読む前に、横にあった
コスチュームの中から、ちょっと使って、遊んでしまいました〜♪ もちろんそれも、全部屋に。。。
"She's so funny. " "She's so cute." "can't believe she's doing it." "hahahahaha"といった様々な声が
聞こえてきました。いや、でも、本当に緊張したんですよ!!

投稿者 maiko : 06:51 | コメント (1) | トラックバック

アナウンサーになった気分♪♪

77.jpg
Afternoon News

A six-point-eight magnitude earthquake occurred in Eugene this morning, causing widespread damage to our campus. Spokesmen say a Journalism student, Julie Markeby, was killed, and three students and a professor were also seriously injured. President David Frohnmayer was in Salem, but returned to campus immediately to assess the extent of the damage. A campus seismologist says this quake is the strongest recorded in more than five decades. The shaking was felt as far away as Seattle. Structures, including the Eugene airport tower and the Capital Building in Salem, were heavily damaged. State officials estimate the damage to exceed one million dollars. This is Maiko Nakai, for KUUO News.

投稿者 maiko : 06:45 | トラックバック

78.jpg
anchor, Maiko

投稿者 maiko : 06:39 | トラックバック

at a shop on campus

81.jpg
with Mia and Yumiko

投稿者 maiko : 06:35 | トラックバック

What a nice day!

79.jpg
Maiko and Evans

投稿者 maiko : 06:31 | トラックバック

75.jpg
Maiko and Mus

投稿者 maiko : 06:26 | トラックバック

Dean's List Dinner

82.jpg
with UofO President, David Frohnmayer

GPA(Grade Point Average)が3.75以上の学生はDean's LIstに名前が載ります。
私も載ってるのですが、今晩はそんな学生が招待された、Presidentと他のスタッフや先生何人かとの
Dinnerがありました。来ていたのはほとんどアメリカ人の子達、留学生はごくわずかでした。
日本人は見た限り、私一人だった★☆★☆イエーイ!!!
中国語のクラスが一緒のNatalieとLindseyに会いました。We're so smart!!!!!!!!!
大きな部屋に、ゴージャスなセット。ローズが一人ずつに置いてありました。
Lindseyと彼女の友達と一緒のテーブル、新しく友達もでき、また、彼らがしゃべっていることが分かって、
いろんな話で、一緒に大笑いできたのが、とても嬉しかったです。
President(学院長)のDaveも来ました。初めて見た。。。普通見ないから。。。
帰ろうとしているところを引き止めると、一緒に部屋まで戻ってくれました。そして、1ショット!
名刺くれて、写真を是非送って欲しいと頼まれました♪ ここでもイエーイ!Presidentの名刺ゲット!
この写真、何かに載らないかなあ。。。ちょっと押してみよっと。。。笑
とにかく、賢い子の集まりに入れて、とても名誉に感じた夜でした。

投稿者 maiko : 06:14 | トラックバック

2006年05月10日

Area Desk

Area Deskにアプライしました

今もうすでに仕事はあるのですが、Area Desk  Assistantにアプライをしました。
Area Deskというのは、キャンパスにある6つある寮のうちの3カ所にあり、RA(Resident Assistant)の
上のレベル、つまり寮の最高の位置にたち、全residentの管理、チェックイン/アウト、メールの仕分け、
DVDやゲームなどの貸し出し、ルームメイト管理、その他寮の運営、問題など全てを取り仕切るオフィスです。
締め切り前日の夕方に急遽、アプライしようかな〜っとエッセイなど急いで書いて、出しました。
まさかと思ったけれど、書類選考を通過。そして、今日、4:1の30分面接がありました。
質問。。。ありすぎ。。。めっちゃ難しい。。。少し考える時間があったら、いいのですが、その場でぱっと答え
ないといけないので、浮かんできません。後から、あ〜こういう話すれば良かった〜とかばっかり。
まあ、でも落ちたら落ちたで、今の大好きな仕事が続けられるだろうし、日本にも1ヶ月帰れるので、いいんです。
万が一受かったら、9月の2週目から週40時間以上のトレーニングがあるため、日本に帰るにしても2週間。
それに、今の仕事と両立は無理だと思うので、大好きなkidsと別れなければいけません。
だから、とても複雑。とりあえずは出したものの、まさか第一次通過すると思っていなかったし、もしもこれでまた
通過したら、have to make a tough decisionです。レジュメやこれからのキャリアの為に見栄えがするのは、
Area Deskの方かなと思うのですが、やっぱり赤ちゃんや小さい子を思うと。。。><
って、受かる前から悩まなくてもいいですよねー_ー:
まあ、とりあえず、色んなことにチャレンジしています。このArea DeskもInternational Studentがいるの、
見た事ないので、誰か留学生が混ざって、私たちもできるんだってのを知らせた方がいいと思います。
また、他の留学生がやっているのを見て、あ〜留学生でもあんな大変な仕事、できるんだ〜って刺激され、
もっと多くの留学生がキャンパスの仕事やイベントなどに積極的に関わっていくのではと思います。

投稿者 maiko : 14:58 | トラックバック

2006年05月08日

Whole Story Draft

全部読みたいという声をたくさんいただいたので、下書きの段階ですが****
みなさん、コメントや提案、下さいね☆

A Boat Bus Stop where a Story Began
by Maiko Nakai

The day started like all ordinary days--uncomfortable bed, bad food, and cold water for the shower. Never in her wildest dreams did she expect this ordinary day would change her life. When she woke up, it was sunny and the canals sparkled in the sunlight. The 17-year-old girl, wearing a simple white shirt and a pair of jean shorts, daypack and a camera over her neck like a true tourist, stood at a boat bus stop where she met two American guys. “Come with us to Greece. If you ever feel uncomfortable, you can leave us,” they said. At age 17, she learned to live in the moment. One life. One shot. This is the story of her adventure of discovering what she sees beyond the horizon, and the lessons she learned from it.

“It was supposed to be a vacation but turned out to be life journey,” Natalie Brandt, now 24, wearing a black adidas sport jacket and black skirt, blue flip flops, and a Chinese jade necklace that a stranger gave her said. Her delicate hands worked neatly, putting up the long blonde hair she had just shampooed. Then she began talking as if it happened yesterday.

“Man, you can smoke here!” In July 1998, during summer break before her senior year in high school, Brandt arrived at Frankfurt Airport in Germany. She was a little nervous, but her excitement made her forget all her worries. When she found herself in a hostel in Venice, the city of canals, the week in Wetzel, Germany, had already been a thing of the past.

On the third morning in Italy, hungover Brandt and her youth hostel roommate she befriended the night before over a few bottles of cheap Italian wine were waiting for a boat bus, wanting to get a cup of coffee for breakfast. Annotte, a stocky, young, Malaysian woman, spoke English with a bubble gum British accent. Out of the corner of her eye, Brandt noticed a blonde guy with a patch on his backpack that said “AFS.” (AFS is a volunteer organization promoting high school student exchange programs.) She scoffed at the guy and said to Annotte, “See, that blond guy over there. He has an AFS patch on his bag. I bet he’s never been abroad and he just has that patch on his bag for looks.”

“Actually, he spent six months in Thailand,” said a young man resembling Fabio right next to her. Brandt was so embarrassed. She had spoken pretty loudly because she assumed that nobody around her spoke English. This fateful encounter with the strangers changed her life forever.

Tom Richard, 18, pale with blonde hair and blue eyes and the young Fabio, Derek Richard, 18, invited the rude young girl to join them on their travels to Athens. Brandt wanted to give them a way to back out. “Leave me alone,” she wanted to say, but didn’t. Instead, what came out of her mouth was “Meet me tonight at six o’clock at the tower on San Marco Square if you still want me to go with you.”

Were they there?

The next day, Tom, Derek, and Brandt were on an enormous boat, like a cruise ship, crossing the Adriatic Sea to Greece. Now, didn’t we all learn the lesson, “don’t go with strangers” when we were in preschool? Apparently, Brand was absent that day in class! At any rate, they were drinking some ouzo, Greece’s national liquor, sneaking down to the pole that marks the absolute front of the boat where only employees could go. Surely they did “Titanic?” Why not? The three young people decided to mimic the famous scene where Jack teaches Rose how to “fly” on the bow of the cruise ship. Tom, Derek, and Brandt individually stood at the point and put out their arms up into the wind. They were “flying” above the dark ocean towards where they were supposed to be. “Fucking stupid,” Brandt said. Yes, you were “invincible.”

“Did you ever feel insecure?” When asked, Brandt took a sip of her blackberry green tea latte and said, “One day, Derek’s wallet was stolen, which made us scared.” She did not answer the question I had been intending, but it suggested she truly trusted the two men, as she never even thought of doubting them. “No, no, no, I meant, weren’t you ever getting scared of Tom and Derek?” “Not at all,” she answered. “Why? They could’ve hurt you,“ I continued. “Are you kidding me?” she froze. “ They were heroes. They were remarkable. They were kind of people who opened the door for old women and helped others with their luggage. Hurting people was the last thing they wanted to do,” she said.

After the three enjoyed drinking red wine, beer, and ouzo (again) in Greece, they were in Rome. They bought three identical paintings and on the back, each wrote a quote that they felt had been guiding them through their individual lives. The three quotes have never left Brandt nor will she ever forget them. “May grace be bestowed” by Derek Richard. “We are the sum of our experiences” by Tom Richard. --And-- “What doesn’t kill you makes you stronger” by Natalie Brandt.

Day after day, they were always pushing their limits and laughing so much that their sides hurt. “I was capable of surviving outside of my comfort zone,” Brandt said, “You can’t always plan. Things that you can’t control happen. And when they happen, you have to roll with the punches. You’ve got to keep going.”

The French Riviera, Monte Carlo, Barcelona, and Paris--everywhere she went, she learned more on the road than she ever would have learned in any classroom in Ashland, Wisconsin, where Brandt did manage to graduate from high school the following spring. No matter how hard you pray, the moment to say good-bye comes. In Amsterdam, she left her wonderful new friends with whom she’d shared precious times. Filled with tears, Brandt went back to Wetzel where she had spent her first week with her friend, Cornelia, to fly to where her family was waiting for her.

The weather was as grey and gloomy as her mood was. On the plane, Brandt was remembering the beaches they had visited. “When I looked over the ocean and saw that the horizon went on forever, it made me feel like I was looking down into my life. At age 17, I had my whole goddamn life in front of me. And for fuck’s sake I thought I’d better start understanding that nothing was more important than the moment you were living in,” Brandt, who appeared to like swearing, said.

“Now, it almost saddens me because I’ve grown up a bit…I’m no longer the carefree Natalie…Being carefree doesn’t sound as good as being educated anymore.” Brandt let down her hair, which had dried. “It is the moment, Maiko…the moment! This moment right now that counts!”

She collected her things to go, singing Bob Marley’s tune, which they’d sung together on the streets sometimes--“Don’t worry about a thing, because every little thing will be all right.”

投稿者 maiko : 10:43 | トラックバック

My kids make me happy

I love this job

最近とても仕事が楽しいです。なぜかというと、みんながどんどんなついてくれてきているからです。
特にIsaiahという男の子。私が仕事初日の朝に一番最初に会った子です。今も毎日朝一に来るのですが、
本当にかわいくて、いい子 >< 今までは、私と一緒にいつもシフトが入っている、3年以上働いているベテランの
Christinaのところに行ってたのですが、最近は来るなり私のところに一直線で、バンドエードや、拾った石、
新しい時計などを見せに来てくれるんです★☆ その後も、いつもは自分の荷物入れの棚や、テーブルの下に隠れて
なかなか出てこなかったのに、最近は私に構って〜ってきたり、ひざに座りたいってきたり、本持ってきたり、べったり。
それに、この間、とっても嬉しかったことがありました。
saisai、"Maiko"って私の名前を呼んでくれたんです><涙 本当に本当に、嬉しかったです。
みんな、私の名前は知ってると思うし、"What's my name?"って聞くと、ちゃんと言ってくれる女の子が
二人いるけれど、初めて、向こうから呼んでくれました>< しかも、一度も私から聞いたことなかったのに。
涙が出そうになるほど、嬉しかったです。それからも一度、朝ご飯を食べている時に、
"Maiko, I want more milk."ってコップを私の方に少しあげて待って。。。><
Isaiahはたぶん私が一番好きな子です。

他にもPuroomという韓国の子も、とってもかわいいです♪ 赤ちゃん(0歳)と1歳の教室から移ってきて、それほど
たたのないのですが、私にとてもなついてくれています。同じアジア人っての、あんなに小さい子でも、感じるのかな
とか思ったりします。

月曜だけ朝一の7時半からではなく、最初の授業の終わったすぐ後、10時から働いて、また2、3個目の
授業に戻っているのですが、その時間に行くと、他の子たちもみんな私が行くなり、グランドの色んなところから、
私の方にhugしに、かけつけてきてくれます。本当にかわいいです♪

来た時にはヘブライ語しか話さなかったPerry。子供ってすごいですよね。新しいことをすぐ身につける能力を
もっています。最初は私や他の先生、こどもたちが話す英語が全然分からなかったし、私たちも、もちろん
ヘブライ語が分からないので、コミュニケーションが難しかったのですが、彼、どんどん英語をキャッチして、
今では、"I can't see. I can't see. airplane"とかって、見たくせに言っています。笑

私はこの仕事が大好きです。一緒に成長をみとどけられるという点も、小さかった時に戻って思いっきり
グランドのすべり台の周ったり、砂場で一緒に遊べる点も。それになんと言っても、彼らのスマイル。
私がどれだけ授業や宿題、試験で疲れている時も、しんどいし、他にやらないといけないことがいっぱい
あるから行きたくないって思っても、仕事に行って彼らの笑顔を見ると、そんなことすぐにふっとびます。
それに、だっこをしている時のあたたかさ。人の体温って、本当にあたたかい。体と体がふれあうと、
人って安心しますよね。これは赤ちゃんでも大人でも同じだと思います。私の腕の中で寝るこども、
私の胸にべったりとくっつくこどもも、みんなお母さんのお腹の中にいた時のようにほっとしているんじゃ
ないかな。そして、私も、ゆったりとした気持ちになれます。

投稿者 maiko : 06:54 | トラックバック

2006年05月07日

Yeah!

After 8 hours of writing...

昨日、2時から10時までぶっ通しでLaw Libraryでこのmagazine storyを書き終えました!!!!!!!やった〜!!!
That was crazy!だけど、とても楽しかったです!たくさん話を聞いた中で、どのことについて書こうかまずいくつか
だけを選択。それから、アウトラインみたいに、それらをどの順序でおこうかを考えました。書き始めるまでに
2時間半かかった。。。笑 その後はひたすら書いて消して書いて移動させて。。。とひたすら書くのみ。
これ、またどんどん手直しをしていかないと★ とりあえず明日、ドラフト提出で、今月末が最終締め切りです。
出来上がったら、またこのブログに載せますね♪ さあ、今日日曜はEditingと今読んでいる、あの有名な
"The Notebook"(『きみに読む物語』*映画化もされました)を読み終えて、それについてペーパーを書こうと
思っています。明日閉め切りでは全然ないのですが、早く終えてしまって、後で楽したいので☆
もうすぐ朝の7時。シャワーして、朝ご飯を食べてきま〜す★

投稿者 maiko : 22:40 | トラックバック

2006年05月06日

Feature story for online magazine

今私が書いている最中の、雑誌記事の最初少しを紹介します☆

A Boat Bus Stop where a Story Began
by Maiko Nakai

The day started like all ordinary days---uncomfortable bed, not good food, and cold water for shower. Never in her wildest dreams did she expect this ordinary day would change her life. When she woke up, it was sunny. The 17-year-old girl, wearing simple white shirt and a pair of short jeans, day back and a camera over her neck like a true tourist, stood at a boat bus stop, being ready to get a cup of coffee for breakfast. Before she knew it two guys, one who looked like Fabio, was giving her a crazy proposition. “Come with us to Greece. If you ever feel uncomfortable, you can leave us.” The girl wanted to give them a way to back out. “Leave me alone,” she wanted to say, but didn’t. Instead, what came out of her mouth was “Meet me tonight at six o’clock at the tower on San Marco Square if you still want me to go with you.”

In July 1998, during summer break before her senior year in high school, Natalie Brandt arrived at Frankfurt Main Airport in Germany. She was a little nervous, but her excitement made her forget all worries. On the third day, a fateful encounter with Tom and Derek changed her life forever. Did she really follow them? Was she raped? Was she kidnapped? At age 17, she learned to live in the moment. One life. One shot. This is the story about her adventure of discovering what she sees beyond the horizon and the lessons she learned from it.

“It was supposed to be a vacation but turned out to be life journey,” Brandt, now 24, wearing black adidas sport jacket and black skirt, blue flip flops, and a Chinese jade necklace that a stranger gave her said. She put up her wet long blond hair she just shampooed, nicely using her thin wrists. And she began talking as if it happened yesterday.

投稿者 maiko : 03:20 | コメント (1) | トラックバック

2006年05月03日

幼稚園

71.jpg

投稿者 maiko : 22:34 | トラックバック

夏祭り☆まいちゃんとなおちゃん☆

73.jpg

投稿者 maiko : 22:33 | トラックバック

Me and my sister

72.jpg

投稿者 maiko : 22:32 | トラックバック

よくこの遊具で遊んだね♪

70.jpg

投稿者 maiko : 22:26 | トラックバック

Who is this cute little baby???

74.jpg

投稿者 maiko : 22:25 | トラックバック

2006年05月02日

AndyとKevinとdowntownのrestaurantで

67.jpg

投稿者 maiko : 00:08 | トラックバック

I Night前日、各国料理を準備。。。こんなことがあった。。。知ってるだけに、翌日は避けた。。。笑

66.jpg

投稿者 maiko : 00:05 | トラックバック

Xia YunのB'day dinner*你的生日快楽!!北京ダックを食べました。

65.jpg

投稿者 maiko : 00:03 | トラックバック

B'day partyー日本人大集合!女学院のみんな、Elder先生の息子のKenもいるよ!探してみてね★

62.jpg

投稿者 maiko : 00:00 | トラックバック

2006年05月01日

やぶ(女学院時代からの友達のお兄ちゃん)の誕生日会

61.jpg

投稿者 maiko : 23:59 | トラックバック

dinner with friends at Sakura, a Japanese restaurant

58.jpg

投稿者 maiko : 23:53 | トラックバック

Heading to Eugene

55.jpg

投稿者 maiko : 23:49 | トラックバック

Eastern OR, Elginのおじいちゃんとおばあちゃんの家。誕生日の朝を迎えました。

54.jpg

投稿者 maiko : 23:47 | トラックバック

Spring BreakーElginに向かう途中の滝の近く。Stephのおじいちゃんとおばあちゃん、そしていとこ二人とその友達。

52.jpg

投稿者 maiko : 23:44 | トラックバック

Here's my wonderful host family!!

51.jpg

投稿者 maiko : 18:50 | トラックバック

Maiko*Mar.27th*Lewis*Mar.28th* Sweet Lifeのケーキは最高!

50.jpg

投稿者 maiko : 18:48 | トラックバック

私の21歳誕生日、ミニパーティー

49.jpg

投稿者 maiko : 18:46 | トラックバック

LewisとStephとツリー選び♪♪

10.jpg

投稿者 maiko : 18:44 | トラックバック

Seattleもう一枚!2005年最後の夜!

1.jpg

投稿者 maiko : 18:42 | トラックバック

お別れ会で、友達いっぱいと会いました

57.jpg

投稿者 maiko : 18:40 | トラックバック

優馬のお別れ会。寂しい><

56.jpg

投稿者 maiko : 18:38 | トラックバック

Grab'N Goで働くパートのDebbie。仲良し☆

46.jpg

投稿者 maiko : 18:36 | トラックバック

DanielのBirthday Party

42.jpg

投稿者 maiko : 18:35 | トラックバック

Univ. of Washington とても大きく、レベルも高い大学です。

32.jpg

投稿者 maiko : 18:32 | トラックバック

Safeco Field*4年前、私はイチローと佐々木が出ている試合を見ました*

31.jpg

投稿者 maiko : 18:29 | トラックバック

Pioneer Squareにあるunderground tour

p.jpg

投稿者 maiko : 18:28 | トラックバック

Public Marketにあるブタ、ただのブタではありません!有名です!そのあたりの地面にはブタの足跡がつづく。。。

30.jpg

投稿者 maiko : 18:25 | トラックバック

夜にはこうなって、奇麗☆

29.jpg

投稿者 maiko : 18:22 | トラックバック

Seattleで有名なPublic Market

27.jpg

投稿者 maiko : 18:20 | トラックバック

First Starbucks! マークは茶色の人魚!!

28.jpg

投稿者 maiko : 18:18 | トラックバック

playing the drum♪実は3年ほど習っていました♪

26.jpg

投稿者 maiko : 18:16 | トラックバック

ロックミュージックの美術館

25.jpg

投稿者 maiko : 18:14 | トラックバック

ホテルの朝食

24.jpg

投稿者 maiko : 18:13 | トラックバック

カンパ〜イ!! Danielと優馬とSeattleで2006年を迎えました!丘の上でSpace Needleの花火を見ながら。

3.jpg

投稿者 maiko : 18:10 | トラックバック

A Happy New Year!!!!! 2006!!!!!! Space Needleの花火

2.jpg

投稿者 maiko : 18:08 | トラックバック

view from Space Needle in Seattle

q.jpg

投稿者 maiko : 18:06 | トラックバック

Portland

23.jpg

投稿者 maiko : 14:39 | トラックバック

X'mas dinner with David, Lewis, Steph, and Mary-beth

22.jpg

投稿者 maiko : 14:36 | トラックバック

Christmas in Portland

21.jpg

投稿者 maiko : 14:35 | トラックバック

Irvineに住む、親友の元カレCarlの所に1週間泊めてもらいました♪

20.jpg

投稿者 maiko : 14:33 | トラックバック

Irvineへの帰り道

19.jpg

投稿者 maiko : 14:32 | トラックバック

Hollywoodといえばここ!!!!

18.jpg

投稿者 maiko : 14:26 | トラックバック

Hollywoodー名所、Chinese Museum

17.jpg

投稿者 maiko : 14:25 | トラックバック

Palm Spring。世界で二番目に大きいTramに乗って高〜く!

16.jpg

投稿者 maiko : 14:23 | トラックバック

Beautiful beech

14.jpg

投稿者 maiko : 14:22 | トラックバック

丘の上の美術館Getty

15.jpg

投稿者 maiko : 14:20 | トラックバック

How warm!

13.jpg

投稿者 maiko : 14:18 | トラックバック

Winter Break in CA

12.jpg

投稿者 maiko : 14:17 | トラックバック

International Week 中のCoffee Hourはキャンパス中心地で

64.jpg

投稿者 maiko : 14:09 | トラックバック

毎週金曜4−6:00Coffee Hour

59.jpg

投稿者 maiko : 14:07 | トラックバック

My forever friends*女学院の友達がsurprising farewell partyをしてくれました!女学院の食堂で*

80.jpg

投稿者 maiko : 02:57 | トラックバック

先学期のChineseのクラスメートと先生

69.jpg

投稿者 maiko : 01:39 | トラックバック

final skit with Natalie

68.jpg

投稿者 maiko : 01:38 | トラックバック

Chineseのクラスの友達

48.jpg

投稿者 maiko : 01:37 | トラックバック

Office of Int'l Programのhead, Magid。Int'l Studiesの先生でもあったよ。

41.jpg

投稿者 maiko : 01:28 | トラックバック

Int'l Studiesのクラスで授業の後にパーティー

40.jpg

投稿者 maiko : 01:25 | トラックバック

Chinese

39.jpg

投稿者 maiko : 01:21 | トラックバック

先学期のInternational Studiesのクラス

37.jpg

投稿者 maiko : 01:19 | トラックバック

BrittanyとKim, お向かいさんとお隣さん★

33.jpg

投稿者 maiko : 01:16 | トラックバック

同じフロアーの友達

9.jpg

投稿者 maiko : 01:14 | トラックバック

親友のNatalieと勉強

6.jpg

投稿者 maiko : 01:12 | トラックバック