« Article about Osaka | メイン | Podcasting Student Performances to Develop EFL Skills »

2008年10月20日

Articles from OJC students wanted

本学への特別提供:学生の英文エッセイの掲載 (Offer to publish OJC student papers)

 ベネッセ・コーポレーション東京本社内にある非利益組織(NPO)チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)からOJCの学生への「英文エッセイご寄稿のお願い」についてお知らせします。既にクラスで評価された論文でも、海外の人や日本のことを研究している人に参考になりそうでしたら、ウェブ上で掲載してくださいます。2009年には、初めの学生論文二人目三人目四・五人目(共著)のニュージーランド留学に関する論文、それから同僚が伝えた六人目の論文が掲載されています。2011年から、改めて本学の学生の論文を掲載するように募集しております。以下、学生への招待状や教員・講師への説明が続いています。学生達に招待状を見せてください。行政官・スタッフの皆様も、学生にすすめてください。

OJC faculty members and lecturers who have students write papers: This is an exclusive, continuing offer from Tokyo to publish OJC student papers online. Papers that you evaluated highly can be submitted or edited first. Please see below for details and show students the letter of invitation in Japanese.

2011年2月15日

チャイルド・リサーチ・ネット 所長 小林 登 [東京大学名誉教授、国立小児病院名誉院長]
英語版ウェッブサイト担当 松本留奈
〒101-8685 東京都千代田区神田神保町神田三井ビルディング16F
(株)ベネッセ次世代育成研究所内CRN
TEL:03-3295-0293

英文エッセイご寄稿のお願い

 チャイルド・リサーチ・ネット(以下CRN)は、1996年にスタートしたインターネット上の子ども学研究所です。CRNのホームページを拠点に、子どもをめぐるさまざまな問題について広く世界の研究者や研究施設と意見や情報の交換を行うことで、その問題解決に寄与することを目指しています。その研究活動の一環として、青少年によるエッセイを紹介するYoung Researchers' Papersというコンテンツを展開しています。

 この度、大阪女学院大学・短期大学のスティーブ・マッカーティ先生にご協力をいただきまして、皆様方に英文エッセイのご寄稿をお願いすることになりました。テーマは自由です。最近日本や世界で起きていることについて気になること、若い人たちの間で話題になっていること、日本のポップカルチャーの紹介、海外旅行をしてみて感じたことなど、自由なテーマでご自分の考えを表現してくださればと思います。長さも自由ですが、A4紙で2枚から4枚程度にまとめて、そのWordファイルをスティーブ・マッカーティ先生にご提出ください。年間12本ぐらいの掲載を予定しておりますが、選出につきましては、マッカーティ先生がご担当くださいます。また、英語につきまして、多少手を加えた方がよいと先生が判断された場合には、先生が校正したうえで、CRNにお送りくださることになっていますので、英語につきましてあまり心配なさらずにテーマに集中してください。

 掲載されました場合は、気持ばかりでございますが、1,000円の図書カードをお送りします。ご参考までに、下記のURLでいままでの作品をご覧ください。皆様のご応募をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

掲載場所 :CRN英語版ホームページ<http://www.childresearch.net/>内にある、
Young Researchers’ Papers <http://www.childresearch.net/PROJECT/YRP

ウェブ上では以下のような表記になります。
作 品 名:
学 校 名:Osaka Jogakuin College
作 者 名:作品の冒頭にイニシャルで、作品の下に入れる御礼の言葉の中にローマ字表記でお入れします。ペンネームをお使いくださってもけっこうです。

なお、作品をホームページへの掲載以外の目的でCRNが使用することは一切ございません。

 このプロジェクトのきっかけは、1999年から、世界オンライン教育学会を通じてチャイルド・リサーチ・ネットと連携し、顧問となり、ベネッセ・コーポレーション東京本社のグローバル教育やバイリンガリズムに関する監修にもなりました。チャイルド・リサーチ・ネットのサイトで掲載してもらった最新の論文は、本学のそれぞれの英語コンテストを分析しました(下のリンクで読めます)。その結果、本学の学生の優秀さを認めてくださいました(下で引用されている英文の招待)。

Publication of OJC student papers

 Child Research Net (CRN) is an NPO in the Tokyo headquarters of Benesse Corporation that maintains Websites in Japanese, English and Chinese. CRN recognized the excellence of OJC students and, as a result, issued the following invitation:

Subject: thank you again for your article!

Dear Professor McCarty,

We are impressed with your manuscript to know proactive efforts on English education at Osaka Jogakuin College. Most of the Japanese are not good at speaking English due to lack of both the language skill and courage & experiences. I feel sure that students at Osaka Jogakuin College will be active in various fields of the international community. [Your article on OJC student performances] will have a good influence on English education in Japan!

By the way, I would like ask you if you could help us with two sections on the CRN website.

1. Young Researchers' Papers
( http://www.childresearch.net/PROJECT/YRP/index.html )

Finding students at Osaka Jogakuin College are excellent in English, we wonder if some of them could contribute articles to this section. ...

STUDENTS:

 Take a look at the invitation from Child Research Net and let me know if you are interested in publishing an essay. It could be your research paper for a class at OJC, on a topic that people abroad would like to read about in English. When you finish, I can check your English. Also check with your writing teacher for help. Visit my office 708 or e-mail mccarty@mail.goo.ne.jp if you are interested.

TEACHERS:

 This is an offer exclusive to OJC, continuing in 2011. Besides a token gift, students can get an accomplishment for their CV (resume) and a connection to a leading Japanese educational corporation. At the same time, the excellence of the OJC curriculum and students gets publicized.

 Student papers published online can serve as models for future classes such as Topic/Theme Studies. Five OJC student papers were published by Child Research Net in 2009. The first was originally an intermediate level Topic Studies I paper, then a winner of the presentation contest, and finally developed into the article "Bullying! - Causes and Possible Solutions." In March 2009 the second paper was published, "Facing the Global Crisis of Illegal Logging." In June the third paper was published, "Eliminating Violence against Women in Japan and around the World." The fourth published paper was co-authored by students and may reflect well on the OJC study abroad program: "Cross-Cultural Consciousness: Studying Abroad in New Zealand." A colleague passed on a manuscript from one of his students that was published in November 2009, the fifth article in this series: "Santa Claus in History, Myth, and Image."

 As you come across student papers that are amazing and would be of interest to readers of English about Japan or distinctive Japanese perspectives, please get an electronic version from students, edited into roughly 4 pages single spaced, with graphics OK, and include their e-mail address to contact them about the gift and paperwork. You or the student could attach it to an e-mail message to: mccarty@mail.goo.ne.jp

 Please bookmark the blog page http://commune.wilmina.ac.jp/weblog/waoe/2008/10/ for updated details and let students know about the offer, showing them the letter of invitation in Japanese above.

 Thank you!

Steve McCarty

投稿者 waoe : 2008年10月20日 09:35